歯並びが及ぼす影響について

矯正で心身の様々な問題を解決できる可能性があります。

体のどこかが痛い、気分が晴れない……。あなたがいまお悩みのその症状は、もしかしたら歯並びを整えることで改善されるものかもしれません。歯並びの悪さは全身のバランスにも影響し、虫歯や歯周病、顎関節症といった口腔的な問題だけでなく、身体的・精神的に様々な問題を引き起こします。

日本では歯並びの悪さを「個性」ととらえる一面があります。特に、一昔前まではそうでした。しかしそれが、全身の健康に悪い影響を及ぼしたり、コンプレックスになったりしては、もはや個性とはいえません。

矯正歯科治療はただ「見た目を美しくする」だけが目的の治療ではないのです。歯並びの悪さと心身で気になる症状がある方は、当クリニックの無料カウンセリングへぜひご相談ください。

身体的影響

1.虫歯・歯周病になりやすい

歯と歯の間に隙間があると、そこには食べ物のカスが詰まりやすくなります。逆に歯と歯が重なった部分があると、通常のブラッシングでは歯ブラシの毛先が届きにくいため十分に磨くことができず、歯肉が炎症を起こし、歯周病に至ることがあります。

また、噛み合わせが悪く、食べ物をしっかり噛むことができないと、殺菌作用を持つ唾液の分泌量が減り、口腔内の自浄作用が働かず、虫歯や歯周病、口臭の原因にもつながります。

2.消化不良を起こしやすい

歯並びや咬み合わせが悪く、しっかり噛めなくなると、唾液の分泌量が減ります。唾液には食べ物を消化するための消化酵素が含まれていますから、消化しにくい状態で胃に送られることで胃腸に負担がかかり、消化不良を起こしやすくなります。

3.顎関節症を引き起こしやすい

歯並びが悪い方は、歯に均等な圧力をかけて食べ物を噛むことができないため、顎のバランスが崩れ、顎の関節や筋肉に炎症を起こしやすく、本人は気付かぬうちに顎関節症になっていることが多くあります。「顎が痛い」「顎が鳴る」「口が開けづらい」などの症状があったら、早めに矯正治療を検討しましょう。

4.顔が歪む、身体が痛む

歯並びの乱れは、口元だけでなく顔の形にまで影響し、ひどい場合には顔が歪むことがあります。歯並びが悪いと顎に負担がかかるため、連鎖的に身体も歪んでいきます。また、顎の関節の後ろには、目や耳など重要な器官につながる血管や神経が通っており、咬み合わせのずれにより体に痛みを覚えるなどの影響を及ぼすことがあります。

5.発音に障害が出ることもある

歯と歯に大きな隙間があると舌が正しく機能できなくなり、発音に障害が出ることがあります。

精神的影響

1.コンプレックスの原因に

歯並びは外見に影響を与えてしまうため、実は多くの方がコンプレックスに思っていらっしゃいます。当院でも、「思いっきり笑えない」「人前で話しづらい」などの問題で治療を受ける方が多いのが現状です。

2.表情が暗くなる

歯並びが悪いと口元が気になり、思い切り笑えなくなることがあります。思い切り笑えないことで、歪んだ笑い方が癖になってしまい、表情が暗くなることさえあるのです。歯並びを美しく整えることで思い切り笑えるようになり、本来の笑顔を取り戻すことができます。

3.消極的な性格になることも

歯並びの悪さを人から指摘されたりすることにより、人前で話すことを苦痛に感じるなど、徐々に消極的な性格になることもあり得ます。

 

このような理由から、お子さまに歯並びの悪さが見られる場合は、保護者の方が早めに解決してあげることをおすすめいたします。心当たりのある症状やお悩みをお持ちの方は、ぜひ当クリニックの無料カウンセリングをご予約ください。

tel:092-732-4590 お気軽にご相談くださいtel:092-732-4590 お気軽にご相談ください
無料カウンセリングのご予約・お問い合せはこちら24時間受付お問い合せはこちら無料カウンセリングのご予約・お問い合せはこちら
footerbnr_03sp.png
24時間受付お問い合せはこちら